2010年09月15日(水)

香川県へ

瀬戸内海歴史民俗資料館

住宅展に参加するために香川県へ。
そのついでに、前から見たかった建築をいくつか見てきました。

最初は、瀬戸内海歴史民俗資料館(設計:山本忠司)。
日本建築学会賞も受賞している建築です。
石やコンクリートの使い方が荒々しく、力強い。

中庭をぐるっと回るように展示室を配置。
元の傾斜した地形に沿うように床が造られているから、
あちこちに階段があって楽しい空間になっています。

東山魁夷せとうち美術館

続いて、東山魁夷せとうち美術館(設計:谷口吉生)。
石とコンクリートが均一で美しい。
瀬戸内海歴史民俗資料館とは対照的です。
順路最後の海の見える喫茶コーナーが気持ち良かった。

丸亀市猪熊弦一郎現代美術館

最後に丸亀市猪熊弦一郎現代美術館(設計:谷口吉生)
駅前に「どーん」と構えています。
内部は美術館では珍しく自然採光が取られていました。
空間は当然のこと、細部まで徹底的にこだわって造ってます。
いやー、どの建築も良かったです。

中澤博史/中澤建築設計事務所

コメント

コメントをお寄せください。

コメントの投稿

* コメントフィード

トラックバックURL : https://www.hn-a.net/architecture/255.html/trackback